utsuchangは這い上がりたい

無理して勤めていたらうつ病に!?「うつ病の時はどう過ごせばいいの?」そんなうつ病患者の等身大でリアルタイムな闘病・対策・トライ&エラーを公開しています!

「死にたい」ワードで当ブログがヒットした話。

今日はエッセイ寄りでブログを書こうと思います。

「死にたい」ワードで当ブログがヒットした。

アクセス解析にて、検索ワード「死にたい」で当ブログがヒットし、

色んな想いが私の中でこみ上げました。

 

当ブログを読んでも死ぬことはできません。

死なないで、底辺這いつくばりながらも生きる方法なら随時更新してるつもりです。

 

どうか、死ぬ選択ではなく生きるまたは生かす選択をしてほしいです。 

「死にたい」気持ちは、理解出来る方だと思います。

「嘘つけ!お前ごときが私の気持ちなんてわかるもんか!」

仰る通り。

私は貴方ではないので、貴方の気持ちを100%くみ取れるわけではありません。

それは貴方も同じで、こうして駄弁っている

私の気持ちなんて考えたことないでしょう。

 

私は他人様(ひとさま)を救ったり包み込んで上げれるだけの技量なんてありません。

己自身でいっぱいいっぱい、毎日が綱渡りみたいです。

 

でもね、「死にたい」って日々思っていた時期が私は人生の大半使っちまっているので

その気持ち、理解出来る方だと思います。 

希死念慮は12歳の時から、毎日だった。

少し身の上話をするとしたら、私の希死念慮は小学六年生から始まっていた。

毎日毎日絶望で、大人の汚さや狡さに自分のことのように傷ついて、

何て世界だ、だなんて思春期真っ只中だった私は、絶望して絶望して死にたかった。

 

そんなほの暗い感情がベースで成人してしまいましたので、

もう、希死念慮のプロですよ。

いつだって死にたかったし、辛かった。

 

でも今は…そうだなぁ。

無職になって気づいたかなぁ。

大人は汚くて狡いけど、いつの間にか自分もそんな大人になっていて、

そんな大人だなぁと自覚して自認したころから少し気が楽になった。

 

わかっていたけど、私って本当にダメ人間じゃん、って自認したら

何だか気楽になりました。変な話でしょ。私もそう思います。 

ダメ人間なので、背負うものが無くなりました。

今までは社畜ながらのちっぽけな仕事へのプライドと、

同人活動で生まれる人並み以上の執筆量が私の支えでした。

 

ですが、今はその二つ両方辞めちゃって、ホントダメ人間ですね。

でもね、ダメ人間でもいいや、適当に生きてやるって思ったら

少しだけ、気が楽になったんだよね。背負うものが無くなってしまったからかな。

 

背負っていたころの方が凛としてキリキリと生きていたから、

世間から見たら「立派」だったかもしれないけれど、

今みたいに一度落ちるところまで落ちてしまっては、

もうその世間が認める「立派」には戻れません。その姿は私じゃなかった。 

私は今後、何が出来るんでしょうか。

自分探しとはよく言ったもので、自分が此処に居るのに自分探し、妙な事です。

ですが、今、私は絶賛自分探し中。正確に言えば自分に何が出来るか探し中です。

 

傷病手当が切れるというタイムリミットが迫っているので、

否応でもなく働くという選択をするのか、果たして私は働けるのか、

そもそも働きたいのか、いいや働きたくないな、まだ休んでいたいな…

みたいな押し問答を一人自分の中で行っています。

そうしたら最近、胃を壊しました。

何やってんの…。  

好きな事・興味のあることをして余生を過ごしたい。

夢物語みたいですね。

だけど最近ふら~っと思うのは、もう私は社会のパズルにぴたりとハマって

生きるのは難しいんじゃないかなってこと。

 

私は果たしてまたパズルとなりピースとなり枠組みの中で生きれるのか。

それを確認するには、自分のことを知らなければなりません。

 

上記で述べた自分探しですね。それをもっと医学的に解明していきたい。

医学的に深掘りした時、私は果たしてどんな人間なのか。

今、私はクリニックにお願いして自分調べの段取りをしているところです。

自分を知れることはワクワクする。

31年連れ添ったねじ曲がった性格ですが、それでも自分の知らなかった自分を

知れるんじゃあないかって正直、不安もありますがワクワクしています。

勿論結果をを見るのは怖いことです。どんなこと書かれるかと思うと

嫌な汗が出ます。人に診られるのが苦手なので、なおのこと。

 

だけどね、でもね、やっぱりワクワクします。

致し方無し、それが私の性なのかもしれません。

自分のことどんだけ大好きなんだって話ですね。呆れちゃいます。

自分調べの結果が出たらお知らせしますね。

ええ、誰得だって話ですが、お話しますね。

結果を見て笑っているかもしれませんし、泣いているかもしれません。

 

医学的に自分を調べるってそういうことですよね。現実を突きつけられる感じ。

まあ、その、現実を受け止めれるよう、心の準備だけはしておきます。

 

その結果を見て、改めて自分が今後どんな人生を送りたいか、送れるのか、

考えたいと思います。

話がえらい飛躍しましたが。

何度も言いますが、当ブログを読んでも死ぬことは出来ません。

でも時間つぶしにはなるかもしれません。

どうか、時間つぶしをしてほしいと心から思います。

 

正直、人生プランが真っ白(本当に、真っ白)なので、

これから這い上がる…っていうか今も這い上がっているつもりなのですが…。

 

這い上がってもっと人生を健やかに軽やかに生きていけるよう、

今日も明日も一生懸命生きたいと思います。

オチはない。申し訳ない!