utsuchangは這い上がりたい

無理して勤めていたらうつ病に!?「うつ病の時はどう過ごせばいいの?」そんなうつ病患者の等身大でリアルタイムな闘病・対策・トライ&エラーを公開しています!

utsuchangは這い上がりたい

【小話】無職だけどひとり社長なので仕事納めしてきた。

※ひとり社長については下記参照

www.utsuchang.com

 

ガタガタガタガタ…

 

地震ではない。

だが、振動音には違いない。

机をガタガタ震わせながらひとり社長はミシンを稼働させていた。

終わらない…受注が終わらない…このままじゃ実家に帰れない!

f:id:utsuchang:20181225131806j:plain

一大事である。

無職なはずなのに、この追われっぷり。デジャヴ以外の何者でもない。

 

年末の強敵・仕事納めだ!

社畜時代に散々苦しめられて、

クリスマス? イルミネーション? はあそれどこの国の言葉?

と煽る程度に社畜だったため、無職である今年は仕事納めなんて無縁だと思っていた。

 

だけども、ありがたいことにひとり社長の考案したドール服はそこそこ売れた。

とりあえず、遠い田舎町の実家を往復するバス料金をペイ出来る程度に売れた。

 

そこそこ売れたものだから、若干駆け足気味でひとり社長は服を作り続けた。

 

ガタガタガタガタ…

お隣さんに「うるさい!」と怒られないように夜中はミシンを控えて…

 

チョキチョキ…

深夜は音が控えめな生地裁断を行って…

f:id:utsuchang:20181225131833j:plain

 

ガタガタガタガタ…

日中はひたすらミシンで服を作り続けて…

 

先ほどようやく、今年の発送業務を終えたのだった!

やった! 明日予定通り実家に帰れる!

無職なのに、趣味なのに。

正直、『解放された感』は否めなかった。

 

何しろネット上とはいえ、ショップをもっていて、相手は無敵のお客様なのだ。

お待たせも出来ないし、粗末なものを送り付けるわけにはいかない。

頂いたお金と見合うものをお届けするのが我がショップの流儀。

反することは出来ない。

 

そして何とか年内の受注を終えて、

お客様をお待たせすることなく発送完了し、無事年越しが出来そうだ。

 

無職なのに仕事納めしてきた。

ひとり社長だから致し方なし。しかしここまで追われるとは思っていなかった。

 

ひとり社長は小学生のころから不器用な事を自覚しており、

小学三年生の時、一人だけ裁縫の宿題が出来ず居残りし、

それでも宿題が完成しなかったので、見かねた器用な友人が代わりに作ってくれて、

『不器用』をモジってあだ名がついてしまう程度に、不器用なのだ。

 

そんな不器用な人間が、20年を経て今年ミシンを購入し、

お粗末な服を沢山生み出した末に、ショップを持つことになるなんて…。

 

自分は一体どの方向に極めたいのかわからなくなる。

が、運が良かったのはあるだろう。

 

本来ショップとしては元旦の福袋的なお楽しみ企画を行いたいところだが、

ひとり社長は僻地にある実家に帰って、買い換えたという『あったかこたつ』に

もぐりこみミカンをしこたま食べなければならないという使命があるので

年末年始は暦以上にお休みを頂戴する。

 

来年はそこそこ売れたバズりは感じれないだろうけれど、

まあ上記でも述べた通り、運が良かったと再度思い直し、

おざなりになっていた、自分のドールたちへの洋服を作っていこうと思う。

f:id:utsuchang:20181225131909j:plain

無職だけどひとり社長なので仕事納めしてきた。

タイトルに、偽りなし。