utsuchangは這い上がりたい

無理して勤めていたらうつ病に!?「うつ病の時はどう過ごせばいいの?」そんなうつ病患者の等身大でリアルタイムな闘病・対策・トライ&エラーを公開しています!

utsuchangは這い上がりたい

うつ病喪女だけど良い女が住んでそうな部屋で暮らしたい

f:id:utsuchang:20201002225758j:plain

ただ思ったことをダラダラ綴るのも楽しいもんだな、

と前回の記事で思ったので今回も思ったことをダラッと書きます。

 

今回は、前回少し触れた「断捨離」について。

 

↓前回の記事はこれ

www.utsuchang.com

ちょっと前までは仕事後ブログ書くなんて全然できなかったからね…

少しずつ、活動的になることはいいことなんじゃないかと…

オタクで多趣味でうつ病で喪女

モテない女のフルコースのような私ですが、

まあ、30も過ぎてしまえばなんだか

モテない・誰かと付き合っていない、「一人」であることが

だんだん当たり前で平気になってきました。

 

それに、今はやっっっっとの想いで社会復帰できたので、

正直、恋人を作るとか…いやたまに寂しくなる時もありますが、

まあ、でも、今は仕事をして自立した生活送れてるだけハッピーです。

 

うつ病と共存しながらも頑張って生きている私ですが、

今、自分の中で熱いものは、何度も挑戦しては中途半端な結果に終わっていた…

そうそれは断捨離

これが今熱い。

 

うつ病中でも鬱と躁の波があって、

躁になったときに色々断捨離の真似事をしていたんですが、

鬱のターンに入ったらもう部屋がヤバい状態になっていたんですね。

 

そして買い物依存もあって、身の丈以上のものをドンドン購入して自己嫌悪…

ギリギリの生活をしていました(今もそうですが)

 

そして元々多趣味でオタクなので、物を収集するということが大好き。

 

その結果どうなるかなんて誰でも想像がつきますね。

物がひたすら溢れている汚部屋の主

そうです物が多い系の汚部屋です。

 

  • うつ病で整理能力が欠如
  • 買い物依存でひたすら物を買いまくり
  • 捨てることをせず収集するのが好き

 

もう汚部屋になるのは約束された未来。

 

好きで購入したはずなのに、

家に居ても全然安らぐことができず、無性にイライラ。

 

慣れない労働、帰ってきたらHPはつねにゼロ。

プライベートもあったもんじゃない生活を、私は続けていました。

 

が!

 

働き始めて10ヶ月経過。

 

なんかこの部屋…ヤバいのでは?

 

私はようやく気付いたんです。

自分の部屋がヤバいことに。 

ヤバいことに気付けたのはうつ病回復の兆し?

と、勝手に決めています笑

 

ヤバいものにヤバいって気づく。

 

当たり前かもしれませんが、でも、これがムズカシイ。

うつ真っ只中だと、ヤバいことに全然気づかないでもがく、それがうつ病。

 

まああと元々整理整頓が下手くそで苦手意識が強かったこともありますが、

私はようやく気付くことができた。

 

この部屋、ヤバい。

生きていく上でめちゃ不便な部屋。

 

気付けた自分がNICEで最高すぎる。天才か?

 

その瞬間から、何かスイッチが入りました。

本気の断捨離開始!

そんな天才な私ですが、その日から今日もコツコツ、物を捨てています。

 

重度のうつ病を患って3年、もう少しで4年目を迎えますが、

私はようやく身の回りの環境を改善する体力ができてきたんです。

 

本当に嬉しい。生きるって最高。

 

ささいなことだと嗤われるかもしれませんが、本当に本当に嬉しい。楽しい。

 

まずは不用品を捨てました。

私は穴の開いたTシャツも部屋着としてとっておいていました。

もちろん捨てました。

 

服は20リットルのゴミ袋で4つくらいは捨てたんじゃないかな…

 

紙ごみはもっと捨てました。

ダンボールも溜め込んでいて、捨てたけどそれでもまだ溢れています。

今まではダンボールを畳んで捨てに行く体力が今まではなかったんです。

 

それが捨てられる。

本当に嬉しい。

スペースが生まれて部屋が愛おしい

不用品を捨て続け、少しですがスペースが生まれました。

 

そしたらビックリですよ。

 

とんでもなく快適で部屋が愛おしい。

本当にノビノビ過ごせる。本当に幸せ。

 

もっと…もっと断捨離と掃除をすれば

もっともっと幸せになれるんじゃ…!?

 

それどころかかわいいインテリアとか飾れちゃうのでは!?

 

欲を言えば、良い女が暮らしていそうな部屋にできるのでは!?!?

 

夢は膨らみます。

 

喪女で色んな意味でギリギリな私ですが、

部屋だけは良い女になれるんじゃないだろうか…

良い女の部屋のイメージ

良い女の部屋ですが

 

  • 欠けた食器は持っていない
  • 作家さんが作った雑貨がさりげなく飾ってある
  • ドライフラワーを逆さにして飾ってる
  • 穴の開いた服は着ない・持ってない
  • 良いにおいがする
  • 上手く収納している(物をゴチャゴチャ置かない)
  • 間接照明

 

こんなイメージ。

良い女はだいたい綺麗な良い部屋を作ってる。

 

私もそんな部屋で暮らしてみたい。

 

今までは無理過ぎる案件でしたが、

少し元気になった今、

それができるんじゃないかな!?っていう希望が見えてきた。

ようするに石原さとみさんになるってこった

石原さとみさんは汚部屋が似合わないよね?

 

めちゃ片付いていて良いにおいがして、

ドライフラワーがさりげなく飾っていて観葉植物もあって

間接照明が素敵でシャビーで統一感のある家具や

愛くるしい食器を大事に使って過ごしていそうだよね?

 

私は石原さとみさんにはなれないけれど

部屋だけは石原さとみさんになれるかもしれない。

部屋だけは良い女になる!

多趣味なので、趣味を辞めることはしないけれど、

それでも持ち物を少しでも減らし、部屋の容量に見合った

物を持つ努力をすることはできるはず。

 

玄関には作家さんの焼き物とかアンティークなミラーを置いてあったり、

リビングにはドライフラワーが飾ってあったりしていたらどんなに素敵だろうか…。

 

洋服も収納にキチンと収まり、大事に着ることができたら…

推しグッズも最低限に収めれて飾れたら…幸せだろうな…

無理せずゆるりと断捨離、続けます

少しスペースが出来ただけでウキウキしたので、

もっとウキウキするために断捨離、ゆるっと続けます。

 

断捨離ハイで一気にやろうとせず、習慣にできたらいいな。

 

うつ病が少し良くなってきた人は断捨離ゆるくするの、楽しいと思います。

まだまだ気が重い人は無理せずに療養に集中した方が良いと思うッス。

元気になったら片づけれるから、汚部屋の主でも全然良いです。生きててえらい!

良い女の部屋になったら写真撮りますね

目標は大きく!

良い女の部屋になったら写真撮ってブログとかTwitterとかに上げたいと思います。

そんな部屋にできるよう、何より自分の幸せのために

ゆるーく断捨離、がんばりますー!

 

(ここまで読んでくれてありがとう)

(あとどうでもいいことだけど、前回と今回、掲載した写真は自前です)